スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
入院中のまとめ 5
3月29日 生後2日目
夜間も授乳毎に「ゆっち」を連れてきてもらう。何とか起き上がって授乳するが、自分の体勢を維持するのも辛いし、「ゆっち」がきちんと起きてくれないため、吸えていない。
朝になり、少しだけ起きていられるようになったので、自分のベッドに「ゆっち」を寝かせてもらい初めてオムツ交換をする。
授乳では、口が大きく開かないため乳首に吸いつく感じになり右の乳首の先に水泡ができてしまった。日中は児と同室にしてもらう。
「ゆっち」は産まれた瞬間から涙を流して泣く子で、泣くたびに両目から涙でシーツが濡れてしまうほど「キィー」と奇声に近い声を出して泣く。
午前中に背中に入っていた硬膜外チューブを抜く。シャワーに入った。今まではチューブからの薬で創痛はなかったが、抜いて1時間ほどで傷の周りが熱く燃えるような痛みが出てきた。付き添われて歩行してみたが、左大転子部の痛みと腰や骨盤周りが砕けそうな感じがする。
午後から座っていても傷が痛み、泣いている「ゆっち」を抱こうとしたときに左足が全く動かなくなり激痛が走った。抱くこともできないのでナースコールで担当者を呼び、「ゆっち」を新生児室に預け、私は座薬で痛み止めを使った。このあともとても歩ける気がしないので、トコちゃんベルトを巻いて過ごすことにする。目の前で我が子が泣いているのに、抱くこともできないと思うと、情けなくて泣いた。(産後はマタニティーブルーになり何かあるたびに泣いていた・・)
15時過ぎから「やっち」が来てくれて、動けない私の体を拭いてくれたり、洗面所へも自分ではいけないので歯磨きの準備をしてくれたりと世話をしてくれた。
夕方からは落ち着き「ゆっち」を連れてきてもらう。「ゆっち」は1時間ごとに泣き授乳するが、ほとんど母乳は出ていなかった。
消灯後は新生児室に預かってもらい、私は痛み止めを飲んで休む。しかし、廊下中に「ゆっち」の「キィー」という鳴き声が響いて、申し訳ない気持ちになった。

3月30日 生後3日目
夜間は授乳毎に連れてきてもらうが、「ゆっち」は全く起きなくてオッパイを飲まない。4時過ぎから痛み止めが利いて起きていられたので、ずっとそばにいるが、今度は1時間ごとに泣くがほとんど飲めていない。段々口唇の乾燥が気になってきた。
毎朝8時過ぎには児の体重測定のためいったん新生児室に連れて行かれるのだが、この日連れてきてくれた担当者は少し重い表情をしながら「ゆっち」を連れてきた。
新生児は生理的体重減少というものがあることは知っていたが、この日の「ゆっち」は10%以上の-11.7%で2870gまで減少したということだった。母乳も生後3日目くらいから出始めることも知っていたが、それを待っていては「ゆっち」が脱水になるということで、糖水20mlを3時間ごとの授乳の後与えることになった。今思えばミルクでもよかったのだが、はじめは母乳育児を頑張りたいと言っていたので、オッパイと糖水という選択になった。実際に尿や便の回数も減っていたので、脱水になり始めていたのだと思う。この時も、オッパイが出ないことで申し訳ないと思い、泣きながら助産師の話を聞いていた。
午後からは「やっち」が面会に来て、体重減少のことを伝えた。母乳育児をしたいことを知っているので糖水を与えることも受け入れてくれたようだ。
友人夫婦と妹夫婦が面会に来てくれた。疲れたが少し気晴らしができた。小1の甥っ子が「ゆっち」をとても可愛がり、抱っこもして帰って行った。
この日は消灯を過ぎても、ひたすら3時間ごとに乳首をくわえさせ糖水を与えていた。しかし、いったん体重が減ってしまうと、体力も落ちてしまって泣かないし起きないしということで、ずっと一晩中乳を出していたような気がする。
私の体は、1日3回痛み止めを服用してなんとか自力で歩行できるまでに落ち着いていた。下肢の浮腫みがピークで寝ていても足に水分が行くのがわかり、指がちぎれそうな痛みを感じた。

3月31日 生後4日目
夜間同室で過ごす。「ゆっち」の便が出ていないため助産師が綿棒浣腸を行う。多量に出た。くわえるだけのような授乳と糖水で朝の体重測定を迎える。1日で58g増加していた。糖水だけでは体重は増えないということで、なんとか母乳も出てきて吸えてきているのではないかということで、この日も3時間毎の授乳と糖水を与えることになる。
いったん寝てしまうと、何時間も飽きない「ゆっち」を相手にこの日も1日中乳を出して過ごす。徐々に両乳房に熱感を感じ張ってきたようになった。
この日は、午後から有給休暇をとって手続きや書類提出を終えた「やっち」と病院からの「お祝いディナー」を頂いた。しかし、大きな総合病院の病室から食堂までは渡り廊下を挟んだ別館でとても遠かった。「ゆっち」を預け二人で歩いて行っても、骨盤から下が砕けてしまうのではないかと思うような激痛を感じながら歩いて行った。痛みのせいで、味も覚えていないし、二人きりの食事もあまり楽しめなかった。痛みをこらえて病棟に戻ると、「キィー」という「ゆっち」の泣き声が響いていて小走りで行くと、やっぱり「ゆっち」だった。私の顔を見ると泣きやんで涙も止まった姿を見て、ディナーに行かなきゃよかったな・・寂しい思いをさせてごめんねと思った。

4月1日 生後5日目
日付が変わった頃から、全く寝ない「ゆっち」にオッパイと糖水を与えながら朝になった。ベッドに戻すとすぐ泣くので、同室の人たちに迷惑がかからないように、抱っこして足を引きずりながら廊下を散歩していた。こういうときは、個室のほうが良かったなと思った。
この日は、私と「ゆっち」の退院前検査があった。「ゆっち」は少し黄疸かかった色だったが、採血や経皮的な測定では問題なく退院が決まり、私も問題はなく抜糸も終えた。私の体重は出産前から-3.5kgだった。「ゆっち」の体重は1日で50g増えていた。
この日もオッパイと糖水とマッサージで出た母乳(搾乳)を与えることになった。夕方、1回でどれだけの母乳を飲んだか調べてみると、12g体重が増えていた。口が大きく開かず、上手に飲めていない。母乳だけでは足りないので、翌日退院してからも糖水を続け、4日に母乳育児外来を予約した。

4月2日 生後6日目
この日は数gしか体重が増えたいなかったが、減少はしていなかった。私も創部・内診でも問題はなく、痛み止めを処方してもらい退院準備をした。10時過ぎには「やっち」が迎えに来てくれて、会計が出来上がるまで荷物を車に何度も運んでくれていた。最後の授乳をしてから、車に移動したかったが、なかなか「ゆっち」が目を覚まさず先に着替えをしてやっと目が覚めた。
帝王切開で生まれた児は入院扱いになるということで、二人分で40万円弱(これは思ったより安くて助かった)を支払、チャイルドシートに揺られ我が家へ「ゆっち」と帰った。
ここの総合病院は、初産の経膣分娩で5日目退院、経産婦で4日目退院、帝王切開で6日目退院だか、私は産むまでが長かったので、10日間も入院していた。
でも、親子二人とも無事に一緒に退院できたのでよかった。

これで、10日間の長い入院のまとめを終わりたいと思う。

このあと、4日の母乳育児外来に行くまでの間私も「ゆっち」も一睡もできず母乳と戦っていた。母乳に気を取られ、体温が低くても気づかなかったり、おむつかぶれも目に付かなかったりした。
4日の外来では、体重は増えていたが1日10gほどだし、私の疲労がピークになっていたので、母乳だけの育児にこだわらず、ミルクと併用して1ヶ月健診までにもう1回母乳育児外来に行くことにした。そのあとは、「ゆっち」の空腹も満たされ寝るようになったし、元気になって吸ってくれるから母乳も滴るようになったし、だいぶ体も楽になってきた。まだまだ、おちょぼ口で完全に飲みきれないので搾乳もしていてオッパイだけで1時間もかかるが、退院してきた日に比べたら、ふっくらしてきているので嬉しい。

出産を経て私の体は、あれほど辛かった匂いに敏感なことや、肌や髪のカサつきただれは良くなりツルツルしてきた。女って本当にホルモンに支配されているんだなって実感した。退院してきて、動くようになったからか、母乳が出るようになったからかはわからないが、体の浮腫みが取れ退院して2日で4kgも減っていた。





スポンサーサイト
[2008/04/11 18:25 ] | 入院・出産 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。