スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
離乳食について 2
昨日ゆっちの風邪も良くなったので、生後1ヶ月の新生児湿疹の時から毎月経過を見るために通っている皮膚科アレルギー科へ行ってきました。

私は、服を着させ過ぎちゃうのか胸とお腹にある汗疹が出ては消えるんだけど、それは経過を見て良いと言われました。

他に、アレルギー科もあるということで離乳食についても相談してきました。

相談内容としては「来週で7か月になるけどまだ離乳食を始めていない。パパがアトピー性皮膚炎があるからアレルギーが心配。1歳まで母乳やミルクでそれから離乳食を始めるという育児方法もあるけどどうなのか?」ということを聞いてきました。

風邪でかかった小児科にもアレルギー科あったのですが、アトピーとかよりも喘息などの呼吸器系が専門だったみたいで、同じことと他にも寝返りしないことや便秘など相談すると、「はっ?まだ離乳食始めてないの?野菜食べないから便秘なんだよ」と馬鹿にされたように言われてしまいました。

私は腑に落ちないし、やっぱり1歳まで離乳食をしないって成長発達に問題が出るんじゃないだろうか・・・と思ったりし始めました。

皮膚科医の方は、人間をヒトとしての理性と社会性をもった動物としてみる医者で、なんとなくこの医者なら私の言いたいことを良くも悪くも理解してくれそうな気がしたので相談してみました。

答えとしては「今の離乳食を始める時期は早すぎる、人間は早くて生後8カ月からが良いと思う。1歳までオッパイだけでも元気の子はたくさん通っている。でも、食べたい欲求はあるから、欲しがったり支えて座れて7kgあるならサインを見逃さず、8カ月から始めてもよいと思う。ただし、たんぱく質は1歳を越してから。」ということでした。

なんだか、これを聞いて私はホッとしたというか、信用でき方向性を理解してくれる心強いサポーターを手に入れたような、とてもうれしい気持ちになりました。そっか、1歳までミルクでも元気な子いるんだと思ったら、私も1歳ってこだわらず8カ月になったら始めてみようかなと、余裕をもった考えができるようになりました。

結局はいつ始めるにしても、我が子をみてその子のペースでってことなんだけど、意見を否定されないってだけで、こんなに安心できるような人間関係ができるんだなって感じました。

診察が終わってゆっちの服を着せながら診察室を見渡すと、西原式育児の西原氏が11月に札幌で講演をするみたいで、そのポスターが貼ってありました。

ってことは、皮膚科医は少なからず西原式を知ってたんだろうなって思いました。

ますます、この医者と相談しながら進めていきたいと思いました。


まずは、8カ月になったら1度始めてみようかなと思ってます。


かかりつけの皮膚科は出来たけど、小児科探しはまだ続きそうです。やっぱり、医者との関わりも人間関係だから、いくら周りがいいといっても自分とはNGってこともあるんでしょうね。

やっちにこのことを話したら、「うちはできるだけ遅くていいよ!!1歳でもいいよ。」とやっちの方が西原式する気満々でした。まわりと違う方法をあえて取ろうとしているんだから、せめてパートナーの協力がないと難しいでしょうね。
スポンサーサイト
[2008/10/24 23:18 ] | 生後6ヶ月 | コメント(5) | トラックバック(0)
オッサンみたいになりました
約1週間完ミになり、ふと気付くとガリガリだった胸からお腹はメタボのようにオムツに乗っかり、太ももも2倍くらいの太さになりました。

顔まわりなんて、プクプクでやっち曰く「メガネ掛けてないツルベ」だそうです。

今まで母乳6から8回の計ミルク300mlだったのを、計800ml弱を5回に分けて与えただけなのに急成長です。

っていうか、今まで母乳が足りていなかったのでしょう。愚図る時間も減り、自分で体を横向きにする時間が増えたり、うつぶせにしても活発に動くようになりました。

今日体重を量ってきたら、1週間弱で200gくらい増えてました。先月なんて1ヶ月で95gだったのに・・・

腹ペコにさせてて、ごめんね。
[2008/10/24 22:46 ] | 生後6ヶ月 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。