スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
もうすぐ
もうすぐ、娘の保育園の運動会があります。

運動会当日は、子どもたちはいつもの保育の中でしているリズムをするので、特にお遊戯や入場の練習があるわけではないようです。

うちの保育園は父母会のある共同保育所なので、父母たちが会場作りや持ち寄りバイキング式の食事の準備も大変なのですが、父たちのソーラン節の踊りがあるそうです。

北海道でお祭りとしてある「よさこい」の踊りとは違い、本格的なソーラン節の踊りだそうです。

初めは、「え~!踊れない!」と言っていた旦那さまですが、一度お父さんたちの仕事が終わってからの練習に参加してからは、私と娘が寝てから夜な夜な特訓し練習にも定期的に参加しています。

一人だけ踊れないと恥ずかしいのもあるでしょうが、きっと皆さんの熱気を感じ、頑張った姿を娘に見てほしいという思いのほうが強いのではないかと思います。なので、私も娘も一度も旦那さまが練習している姿は見ていません。全身筋肉痛になって辛そうですが頑張っている姿を想像し、当日楽しみにしようと思っています。

毎年、一番頑張っているのは1カ月も前から練習を積み重ねているお父さんたちで、その姿を見た子供たちは尊敬のまなざしで見るそうです。そして、どの子も「お父さん=ヒーロー」として格好いい存在として認識するそうです。それが、保育園の狙いらしいのですが・・

先日、友人の子の運動会も参加しました。父母参加の種目があるのですが、保育士が父母に「面白くしてくださいねぇ~」と言いながら誘導してました。

色々な考えがあるでしょうが、参加するからには一生懸命する姿を子どもたちに見てもらった方が、子どもの心に残るのになぁと思ったりしました。だって、ウケを狙って面白いのは大人だけでしょ。誰のための運動会なのでしょう・・?子どもたちは一生懸命走って、踊って可愛かったんですけどね。

初めての運動会が娘の心に残るものになるといいなぁと思います。

出会って10年、踊る旦那さまを見たことがないので、ものすごく楽しみです。






スポンサーサイト
[2010/09/20 21:33 ] | 日記
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。